平成22年度活動実績

1.日本油化学会
  49回日本油化学会年会 ランチョンセミナー

 平成22年9月15日(木)に北海道大学函館キャンパスにて洗浄・洗剤部会ランチョンセミナーを開催しました。本部会のランチョンセミナーは昼食をとりながら洗浄に関する技術の中で、皆様のご関心の高いテーマをひとつ取り上げ、講師の先生によるご講演を約一時間行いました。その後、参加者の皆様と本テーマについて気軽に情報交換並びに議論をしました。

  主題 : 『表面フルオロアルキル化と防汚』
            
       京都工芸繊維大学大学院 工芸科学研究科 
                      川瀬 徳三 氏

   


2.第42回洗浄に関するシンポジウム

当会 洗浄・洗剤部会主催により「第42回洗浄に関するシンポジウム」を開催しました。

詳しくはシンポジウムのページをご参照ください


主 催    日本油化学会 洗浄・洗剤部会
日 時    平成22年10月20日(水)〜21日(木)
会 場    江戸川区総合区民ホール 5階
           (タワーホール船堀) 小ホール
         東京都江戸川区船堀4−1−1
                   TEL 03-5676-2211(代)


         
3.メンバーズセミナー(部会員限定)

 (1) 演題:『超濃縮液体洗剤の消費者価値と環境価値設計について

   講師:花王(株)ファブリック&ホームケア研究センター ハウスホールド研究所
      第一研究室 室長 長谷部 佳宏 氏
   日時:平成22年 5月14日(金)15:30〜17:00
   場所:油脂工業会館9階 会議室
        東京都中央区日本橋3-13-11

概要
 近年の生活者・洗濯環境・環境意識の変化に伴って,消費者価値を高めながら,環境価値も同時に達成するために,”世界最高レベルの超濃縮”と,”すすぎ水を減らせる性能”を提案する新液体洗剤について,その特性と思想をお話いただきました。

 (2) 演題:『これからの被服管理を考える』

   講師:文化女子大学 服装学部 被服管理学研究室 
      教授  米山 雄二氏
   日時:平成22年7月9日(金) 15:30〜17:00
   場所:油脂工業会館9階 会議室
        東京都中央区日本橋3-13-11

    概要
 私たちを取り巻く自然環境や社会環境が変化しつつあり、それに伴うライフスタイルも変化しつつあります。こうした中において、衣服の洗濯や保管などこれからの被服管理はどのような視点を持った研究をしていけばよいのか?他分野の視点から被服管理を見つめ直し、提言をしていただきました。
 (3) 演題:『皮膚を洗うとは−製品と化粧品開発トレンドから考える

   講師:株式会社エフシージー総合研究所 (フジテレビ商品研究所)
      暮らしの科学部長  菅沼 薫 氏
   日時:平成23年1月13日(木) 15:30〜17:00
   場所:油脂工業会館9階 会議室
        東京都中央区日本橋3-13-11

概要
 皮膚の洗浄では、「汚れは落とすが、肌にやさしく」ということが求められていますが、製品がどんな評価をされているのか、皮膚の構造やしくみ、消費者意識、化粧品開発のトレンドから「皮膚を洗う」についてお話しいただきました。

 

トップへ戻る